リンクバナー0.gif にほんブログ村 ポエムブログへ

ブログランキングに参加しています

無料でSEOならSEO.CUG.NET

秋のおすすめポエム

・思いがけない休日
・コスモスといわし雲
・橙黄色の風

11月のポエム

2007年10月02日

秋の鈴音

秋の鈴音
ころころからから

君の背中を見て歩く
歩幅が合わず小走りに
君の隣に追いつけば
目と目が合って
にっこり笑う

秋の鈴音
ころころからから

風の温度が寂しくて
繋いだ手と手で温もりを
確かめ愛しく思う秋

秋の鈴音
二人で聞けば
心もふんわり
秋の夜長


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 19:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

晩夏(おそなつ)

夕日に向かって車を走らせる

晩夏(おそなつ)の日

黄金色に色付く季節の足音は
風に乗り確かに私の耳元に届く

ひとつの季節の終焉

それは

焼け付くような
オレンジの炎の中に






banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

安らぎの風の中

夏の名残の暑さの日

空気はどこまでも
透明を帯び

頬をかすめ髪を持ち上げる
ひとひらの風に
安らぎの声を聞く

賑やかな夏の喧噪は
脳裏に鮮やかに甦るものの

今は安らぎの風の中
静かにひっそりと
心深きところを見詰める




banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 17:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

万灯会の夜

万灯会のその夜に
君の笑顔を見た気がした

万灯会のその夜に
ろうそくの灯りの回廊の向こう側に
君の姿を見た気がした

観音様が微笑む足元
無数に灯るろうそくが
静かに奏でる幽玄な世界

年に一度のろうそく祭

君と見たこの風景は
今年も変わりなく再現され

天から見守る君の眼差しを感じ涙する


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 18:04 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

最高気温更新中

あまりの暑さに
打ち水ならぬホースでの放水

勢い良く水が噴出す

ギラギラした太陽に照らされ
水飛沫に虹がかかる

焼け付くようなアスファルトから
立ち上る陽炎はプールの匂い


キラキラした水飛沫目掛けて
子供が走ってくる

びしょ濡れになったってへっちゃらさ

つられて男衆もTシャツ脱ぎ捨て水飛沫の中へ

誰もが子供になれる瞬間

最高気温更新中


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:32 | Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

普段着のドライブ

真夏の焼けるような日差し
蒸し暑い日にドライブに出かけた

窓は全開
BGMは蝉の声

頬に風受け

どこまでも続く水田を
横目にひた走る

若緑色の稲が風を受け
シャラシャラ音をたて
大きくうねる

ここは関東平野
一面のライスフィールド
これこそがここに暮す醍醐味



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 11:50 | Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

花火大会の夜

漆黒の夜空を彩る花火たち

色とりどりのその光は
時に大きく広がり
時に細い筋を無数に描き

低く次々乱れ打ち
次第に高く高く
大きな光の花を咲かせる

艶やかな天空の世界

小雨混じりに煙る下界は
モノトーンの水墨画の世界

小高い丘の上に立ち
相反する二つの世界を見る

夏の夜
一夜の夢



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:23 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

旧友

熱帯夜
寝苦しく何度も寝返りをうつ

浅い眠りの明け方の夢に
懐かしい旧友の笑顔があった

爽やかな高原を吹く風を
思わせるようなその笑顔

離れていても忘れることなどない

いつでもお互い見守っている

私はいつの間にか深い眠りに就いていた


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

雨の休日

いつ止むとも知れない雨

雨は全ての音を包み込み
静寂の世界を生み出す

窓越しに雨の風景を見ていた

葉の上を転がる雨の音
屋根を叩く雨の音
傘の上で弾ける雨の音

静寂の中で確かな音符となって
私の耳に届く

静かにさわさわと・・・

今日は一日聞いていよう
雨達の奏でる世界を

珍しくなんにも予定の無い休日


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 21:37 | Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

梅雨の風景

分厚い雲の層は幾重にも重なり
低く低く垂れ込める

時折、その合間から
気紛れに差し込む
薄い光

霧のように立ち込める水泡は
辺りを静寂にしっとりと包み込む

木々の緑
草の青

全ては深く濃く
成長を促される

限りなくモノトーンに近い風景

キンレンカのオレンジが
一際鮮やかな今日



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 16:17 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

夏の想い出

幼い頃の夏の想い出

氷屋さんのおじさんが
大きな氷の塊を
大きな鋸でザグザグと切る時に
飛び散る
キラキラした氷飛沫

プールの匂いと
西瓜の匂い


夏の想い出は
うだるような暑さの中
ソーダ水の刺激に似た
一瞬の清涼感


真っ黒に日焼けした
痩せっぽちの女の子は
たくさんの夏を通り過ぎ
こんなに大きくなりました

そして今年も夏が来る



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:37 | Comment(5) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

額紫陽花

額紫陽花のあまりにも鮮やかな青に
思わず足を止め見入ってしまった

傘も差さずに


雨なのか霧なのか

私の身体はため息のような
湿気を帯びた空気に包まれる

その空気は冷たいような
生暖かいような
不思議な感触

額紫陽花達は
ますます青みを増していく

これぞ紫陽花色






banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

かつての同志達へ

かつての同志達

数ヶ月前まで同じ志を持っていると
信じていた人達

今は相反する想いを胸に


近い将来、私はあなた達に
強い衝撃を与えてしまうでしょう


けれど、手加減はしないよ

私にできることは
渾身の想いを胸に

踊ることのみ



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

踊る!

踊る!

激しいリズムに
躍動する筋肉

ターンを切れば迸る汗

体中に感じる心地良い痛み

生きている証

全てを失い
そして、全てを手に入れた

過ぎ行く時は戻ることはない

輝けるこの一瞬のため
全身全霊で

踊る!



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

雷鳴

遠くで雷が鳴っている

切れ切れの雲の後ろに
フラシュのように光る閃光

稲妻は幾何学的なラインを辿り
地上へと突き刺す

どこまでも広がる麦畑

誇らしげに
ビール色に輝く麦たち

今、刈り入れの季節


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

入梅前

日曜日の公園
噴水から勢い良く
水が噴出す

子供たちの歓声

水飛沫は透明な
陽の光に照らされ
七色に輝く

びしょ濡れになって
水と戯れる子供の姿

入梅前の一時

どこまでも爽やかな風に吹かれて






banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 13:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

秘密の花園

甘い香りに誘われて
見知らぬ小道に迷い込んだ

薔薇のアーチをくぐり抜け
そこは秘密の花園

色とりどりの薔薇が
今を盛りと咲き誇り

その気高い姿
その愛らしい姿

自然に調合された
香りのシャワーを浴び

夏の手前
夢見心地のひと時


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 23:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

炭酸水

コップの中の炭酸水

キラキラした泡粒が
氷にぶつかって
光に反射して
不思議な色に変わっていく

外は夏のような暑さ

コップの外側には
温度差でできた水滴

雲が流れる

風が吹いた


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 22:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

うたた寝

お気に入りの椅子に深く腰をかけ
背もたれに身体を預けリラックス

軽く目を閉じて
窓から入ってくる風を
楽しんでみた

何とも懐かしい時へ
タイムスリップ

いつの間にか夢の中




banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

いたずらな風

五月、新緑の間をすり抜ける風

それは、ミントのような清涼感を含んだ風

カーテンを大きく揺らし
読みかけの雑誌をバラバラと捲り

おでこにかかった前髪を持ち上げ

ちょっといたずらな空気を残して

私の中に置いていかれたいたずら心は
ひと夏私を楽しませてくれるだろう





banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。