リンクバナー0.gif にほんブログ村 ポエムブログへ

ブログランキングに参加しています

無料でSEOならSEO.CUG.NET

秋のおすすめポエム

・思いがけない休日
・コスモスといわし雲
・橙黄色の風

11月のポエム

2009年02月06日

紅梅の咲く季節

紅梅は春の先駆けのように
さりげなく
そしてしっかりと
赤いハートにも見える
小さな花を咲かせていました

心躍る道すがら
季節の訪れを
知らせるかのように
淡い高貴な香りを漂わせ

風はなく
陽射しは暖かく

身体はふわっと軽くなり

君のところへ
飛んでいけそうな
そんな午後でした




banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

暖かい冬

雨が上がり
大きな音で風が吹き
雲を吹き飛ばす

12月だというのに
その風は温く
羽根のように暖かい

遠くに浮かび上がるように
見える山は真っ白に雪化粧

雲が切れる

雲の切れ間から差し込む
眩しいばかりの陽の光に
思わず目を細める

キラキラと心地良い光に包まれて

暖かい冬がいつまでも続く気がした




banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

石榴の実

青い空がどこまでも広がる
冬の手前のこの季節

風はひんやりと気持ちよく
陽の光はうっすらと暖かい

空を見上げながら小道を歩く

葉の落ちた木にまあるい実が
ぽんぽんと間をおき成っている

ぱっくりと割れたその実は
秋の陽に照らされて
赤いダイヤモンドのように
キラキラ光った




banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 17:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

セルリアンブルーの秋

秋色に染まった街路樹が
どこまでも続いている

風が吹く度
しゃらしゃらと
賑やかな音を立て

空はセルリアンブルーを
流し込んだような
鮮やかな煌めき

秋は寂しいものだって
誰が言ったんだろう

今年の私の秋は・・・

空気はこんなに眩しくて
寂しさは微塵もない

さわさわ吹く風に
髪がなびく

気持ちはそわそわ
どこまでも走る


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

オータムイエローの優しさ

湿った東風が懐かしい季節の
甘い香りを運んできた

空気はオータムイエローに染まり
黄花コスモスが揺れるその場所は
包み込まれるような暖かさだ

きっともうすぐ雨が降るのだろう

季節は確実に冬へと向かう

今ここの空気はどこまでも甘く優しい

それは忘れていたような穏やかさを
運んでくる甘い風の中に・・・




banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

夏〜秋 透明な季節

鮮烈な陽射しに
思わず目を細める

真夏のはしゃいだ空気は
澄み切った風の訪れと共に
透明感を帯びた空気に変わり
鮮やかな光彩を放つ

光の色彩は燃える夕日の濃淡

降り注ぐ陽の光に
実りの季節の足音を感じつつ

夏の思い出はつい昨日のこと・・・





banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

深まる夏

昼間の灼けつくような暑さは
夜の帳の訪れ共に
かすかな湿気へと姿を変える

汗ばんだ肌にまとわりつく風は
ひと夏の想い出を急かすように
思い起こさせる

どこからともなく
聞こえてくる虫の声に
安らぎの時を感じつつ

ひと夏の想い出は
走馬灯のように頭の中を
駆け巡る

夏の始まりは
遠い昔の記憶



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ひとやすみの夏〜癒しの時

涼やかな風に今だけ夏はひとやすみ

雲の流れが早くって
陽の光も遮られ

通り過ぎる風は
懐かしい日を思わせる

ずーっと昔に
こんな風の匂いを
感じたことがあった

胸一杯に風を吸い込む

乾いたその風は心地よく
癒しの時を運んでくる


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

白粉花

夏の夕暮れ時
生温い風と共に
漂ってくる懐かしい匂い

夕焼け色の空は
次第に夜の色へと染まり

薄い月の光が差し込む

静かに佇むように咲く白粉花

月の光に照らされ
そこは懐かしい匂いの漂う
優しい空間


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

木漏れ日の中〜微睡みの空間

真夏の灼けるような陽射しの昼下がり

静寂を呼ぶ木漏れ日の中は別世界

木陰をすり抜ける風は
ひんやりと優しく
頬を瞼をかすめる

チラチラと
眩しく揺れる木漏れ日は
全てを美しく彩り

ひとときの微睡みの空間をつくりだす

近くではしゃぐ子供達の声が
しだいに遠のき
高原で風を受ける自分の姿と重なる

木漏れ日の隙間から見える夏の雲が
幼い頃のあの日の空へタイムスリップ


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

真夏の水遊び場

真夏・・・

最高気温は毎日更新・・・

遮るもののない眩しい日差しの下
水遊び場は大人気

羨ましそうに見守る大人達の
視線を楽しむように
はしゃぐ子供達

噴水から吹き上がる水は
陽の光にキラキラと煌めき

子供達は両手を広げ
キラメキを受け止める

その空間はまるで・・・
そこだけ時が止まったようで

夏の記憶はあまりにも懐かしく

そこに吹く風は
すべての夏を孕み
どこまでも・・・

どこまでも
懐かしく


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

雷鳴と祭り囃子

夕暮れ時
祭り囃子の音がする

夏祭りまで、あと一ヶ月
子供達は笛に太鼓の稽古中

今年は山車に乗るんだよ

ちょっと誇らし気に
胸を張って


遠くで雷が響く

稲妻の閃光が
所々の夜空を飾り

雷鳴が祭り囃子と
協奏する

さあ
いよいよ夏本番





banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

陽炎の向う

梅雨、ひとしきり降った雨が止むと
分厚くたれ込める雲の隙間から
薄く淡い日差しが差し込む

気温の上昇と共に
陽炎が立ち上り・・・

それはまだ見ぬ場所の
入り口のように


思い出は夏に作られる

陽炎の向うに
まだ見ぬ夏の思い出を
予感しつつ

君と作るであろう
この夏の思い出を垣間見る




banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

梅雨の晴れ間〜雀の砂浴び

梅雨の晴れ間

ベランダに可愛い陰が
ちょこちょこ見える

レースのカーテン越しに
そおっと見ると

土だけ入ったプランターの中で
雀が気持ち良さそうに砂浴び中

ばたばた羽を羽ばたかせて


・・・そうか

ベランダに土を散らかした
犯人は雀だったんだ

なんとものどかな
梅雨の晴れ間


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 15:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

麦畑〜刈入れ前

初夏の透き通った日差しに
黄金色に色付いた麦畑が
きらきらと光る

さわさわと吹きそよぐ風は
麦の穂を大きく揺らしながら
通り過ぎる

幾度も吹き返しながら
その度に耳元で囁くように

刈入れを待つ麦たちは
広くどこまでも連なり

来るべき季節の暗示を伝える


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

雨の日のささやかな楽しみ

雨の日の楽しみは
静かな時間

しとしとと降り続く雨は
日常の雑音を優しく包み込む

部屋の中の静寂は
寂しさではなく安らぎ

混沌とした日常には
安らぎのある場所は
あまりにも小さくて・・・

降り続く雨を横目に
君の見る場所を私も見る

静かに心静かに

雨の日のささやかな楽しみ







banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

小さな兄弟

小さな兄弟は
駐車場で自転車遊び

小さな弟は
補助輪のついた自転車で
お兄ちゃんと同じ事をしたいんだ

小さな身体で一生懸命
自転車をこぐ

初夏の日差しが眩しい

お兄ちゃんの瞳も
小さな弟の瞳も
初夏の日差しに
キラキラ輝く

大好きな楽しい季節が
やってきた


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

青い夏

遠くで雷が鳴っている

空気の温度差が
幾重にも重なった
風の中に

君の好きな季節の
到来を感じる

包み込むような
湿っぽさの中に

ひんやりとした冷たさと
もわっとした暖かさ

そして
季節の匂いを感じる

それはほんのつかの間・・・

青い夏の季節









banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

やまふじ

新緑の山道をひた走る

木漏れ日は
きらきらと眩しく

光の粒子が舞い散るように
まばゆく輝く

色とりどりのツツジが
咲き競う視界の遥か彼方

天に届きそうな木に
絡みついた満開の藤の花

藤色のその花は
山々のあちこちに点在し

霞のような様相を呈し

太古の昔へといざなう


banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

フリーマーケットは大賑わい

穏やかな暖かい日差しの中

フリーマケットは大賑わい

行き交う人は皆
笑顔でいっぱい

遠くで太鼓の音が響く

躍動の季節の予感

よちよち歩きの子供の手から
真っ赤な風船が離れた

風船は空にフワッと舞い上がり
あっという間の高さに登る

どこまでもどこまでも

そして、空に吸い込まれ

日差しはますます強くなり・・・

そして・・・

賑やかな人々の輪の中に
集う笑顔のその中に

確かに季節は降りてきた



banner_02.gif

にほんブログ村 ポエムブログへ

posted by 桃色珊瑚 at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。